ポケモンの振り返り〜Youtubeキッズが最終1桁を達成するまで〜

どうもこんにちは、りょんと申します。

S35のランクマッチが終了し、いよいよ8世代が幕を閉じました。自身が初最終1桁を取れたり、最近多くの方々にフォローしてもらったりというのもあり今回は自己紹介も含めた自身のポケモン人生を振り返っていこうと思います。

 

 

 

 

○初めてプレイしたソフト

自分が初めてポケモンをプレイしたのはBW(ブラックホワイト)でこのときはまだ5歳でストーリーをクリアしたり友達と対戦や交換をして遊んでいました。レベル100のポケモンを持ってる数で競ったりしてとても懐かしいです。

 

 

 

ポケモン対戦について知る

ポケモンの3値(努力値個体値種族値)について知るようになったのはSM(サンムーン)のときでこのとき友達の間で何故かポケモン対戦が流行ってたので弟がたまたま持っていたムーンで友達と遊んでました。ポケモンの3値について知るようになってからポケ徹をずっと漁ったり、育成論を考えていたりして遊んでました。そのあとUSUM(ウルトラサンムーン)も買って、友達の間では1番強いと言えるくらい自信がついたあとライバロリさんの実況動画に初めて出会いレート対戦をすることに決めました。そのときの最高レートは1800ないくらいで暇つぶし程度に潜ってました。

 

 

 

 

 

 

○「えふちゃん」とはなにか&ポケモン剣盾を始める

自分はTwitterのハンドルネームを「えふちゃん@りょん」で活動しているのですが元々Twitterを始めたきっかけがスマメイトというスマブラのガチ勢向けのサイトを利用するために作り、そのときのハンドルネームが「えふちょん」という名前でそのあとよく「えふちゃん」と間違われるので「えふちゃん」という名前でスマブラをメインに中1から2年間Twitterで活動していました。

そのあと受験生なり当時スマブラに明け暮れていたので勉強に少しは集中しようというのもありスマブラから離れるようになりました。そのとき何か勉強の息抜きにできるゲームはないかと探していたところポケモンDLCが追加される(冠の雪原)というのを聞いて久しぶりにポケモンをやってみたくなったので剣盾を買うことに決めました(結局そのときDLCは買わなかった)。

剣盾を買ったあとすぐにポケモン対戦をやってみたかったというのもありストーリーはほとんど進めずポケ徹のレンタルパーティで潜ってました。そのときのルールはTOP10制限ルールで7世代を少しやっていたのもありマスターボール級にはすらすら行けましたがそのあと中々勝てなくて結局最高レート1830の最終4桁or5桁みたいな感じでそのあと受験がいよいよ迫ってきたのでポケモンからまた離れました。

 

 

 

 

 

ポケモンの再開。最終3桁、レート1900達成

受験が終わったあとしばらくはスマブラをやっていたのですが自分が元々関わっていた人がスマブラを次々に引退したり、思うように勝てなかったのもあり自分もガチ対戦はほとんどしなくなりました。そこで他に何かできるゲームがないかなーと探していたところYouTubeシラクサさんという方のアーカイブが面白すぎてポケモン対戦をまたやりたくなり再開することに決めました。そのときのルールがダイマなし竜王でこのときもポケ徹のレンタルパーティで暇つぶし程度に遊んでいたのですがこのとき初めてレート1900、最終3桁を達成してめちゃくちゃ喜んでました。

今でも並びを覚えていたので探してたら見つかりました。このときコメント欄で「r」という名前で投稿主さんと会話をしたりして楽しんでました。

→https://yakkun.com/bbs/party/n1587

そのあと「レート2000とってみたらかっこよくね??」と思い始めたのでここからポケモン対戦をガチで取り組み始めました。

 

 

 

○8世代、参加した各シーズンの振り返り

・S24(竜王戦)  最終2001-92位

 

ようやくストーリーを進めてDLCを買い、構築を自分で作るようになりました。このときストーリーで出会った黒バドの見た目とダイマックスしたときの他のポケモンとは違う青いオーラが出てくるのがかっこよくて好きだったので黒バドを軸とした構築を作ることを決意しました。ポケモン対戦が楽しくて暇な時間はずっと潜ってて勝つために試行錯誤しまくってました。その結果「眼鏡黒バド+ゴツメランド+珠悪ウーラオス」という自分の中での結論に辿り着いていたら最終日に初めてレート2000、2桁順位に到達して最終92位を達成してめちゃくちゃ喜んでました。2000チャレの試合がこちらのサンダーの熱風で相手のドサイドンが焼けて熱い試合をするのかと思いきや呆気なく試合が終わったのを今でも覚えています笑

嬉しくて構築記事を投稿するためにTwitterを再開したら自分より強い人が無限にいたり、自分が辿り着いたパーティーだと思った並びが既に存在した並びだと知って衝撃を受けてました。もっと強くなりたいと思いました。

 

・S25  最終2018-67位

このシーズンも前期とほぼ同じ構築を使ってました。構築の練度がそこそこあったのもあって最終日にレート2000まで行ったあと更に1勝しました。大晦日というのもあってその後は友達と夜中に神社に行ったりして遊んでました。結果は最終67位で2度目の最終2桁、レート2000を達成して喜んでました。

 

 

 

 

・S26 最終1881-434位

このシーズンは以前まで黒バドを使っていて相手にしてて1番キツかったイベルタルが最強だと思いイベルタルを軸にした構築で潜ってました。最終日に2000チャレが5回くらいあったのですが全て惨敗して結局最終3桁で萎えてました。でも楽しかったです。

 

 

 

・S27(GSルール) 最終2063-28位

黒バドが好きだったのでこのルールでも黒バドを軸とした構築を使うことに決めました。その結果「特殊ガマゲロゲの初手ダイマ+黒馬バドレックス+ザシアン」という並びが最強だと気づきこのシーズンはノリに乗っていて最終日も12位からスタートしました。このシーズンはTN「まいごねこ」さんという方のレートがぶっちぎりで高く自分が2位まで行ったあとさらに4連勝して次の試合が21チャレ&瞬間1位チャレでめちゃくちゃ緊張して潜った結果が最後黒バドがミミッキュにアストラルビットを打てば勝ちという場面で光の粉で避けられて負けてめちゃくちゃ落ち込んでいたのを覚えています笑

そのあと勝ちと負けを繰り返して次の日学校があるのもあり23時に終了。レート2063、そのとき4位くらい(?)で撤退して最終28位という結果に終わりました。自己最高順位を更新したのにもかかわずめちゃくちゃ落ち込んだ終わり方をしたシーズンでした。

 

 

・S28 最終1886-550位

前期萎えた終わり方をしていたのもあり構築を全く考えておらず結局前期と全く同じ構築を最終日に使ってました。結果はレート203xまで行ったあとずるずる負けて結局最終3桁で終わりました。

 

 

 

・S29 最終1912-224位

このシーズンは色々な伝説を試していてその結果「ジガルデ+ゼルネアス」が相性が良くて強力だと思ったのでこの並びを使うことに決めました。シーズン終盤あたりに21連勝してて今期はいけるぞーって思っていましたが最終日に急に勝てなくなり、午前3時くらいにレート2000に辿り着きますがそのあと潜って普通に負けて結局このシーズンも最終3桁で終わりました。最終日に環境が変わると言われるのをこのとき初めて実感しました。(どう変わったのかは覚えてない)

 

 

 

 

・S30

序盤にシグマさんが前期1位のときに使っていたHBダイスチルゼルネで遊んだあと月末に定期試験があったのでほとんど参加しませんでした。

 

 

 

・S31 最終1861-385位

(並び忘れました)

このシーズンは色々な禁伝を試していました。しかし強い並びが全く思いつかず結局前期サックーさんが結果を残したバドザシ+チョッキガエンの並びを使ってましたが2000行ったかどうかわからないところが最高で最終3桁に散っていきました泣

 

 

・S32 最終2000-66位

最近全く勝ててなかったので今回は今まで1番長く使ってきた黒バドを使うことに決めました。相方をザシアンにしても良かったですがせっかく7ヶ月もあるので他の相方を探すことにしました。考えた結果「黒バド+ムゲンダイナ」が相性が良いと思いこの並びでシーズン序盤から潜り最終日に向けて構築を改良していきました。結果は最終66位、レート2000で最近全く勝ててなかった割には2桁には残れたので良かったです。使用した構築が受け寄りのサイクル構築だったのですが今まで対面寄りの構築しか使ってこなかったのでここの練習が後のホウオウナット、ホウオウトドンに繋がったのかもしれないと思うと価値のあるシーズンだったのかもしれません。

 

 

 

・S33 最終2063-11位

このシーズンは絶対勝ちたいと思っていたので最強だと信じていた「黒バド+ザシアン」を使うことに決めていました。モチベーションが高く序盤から潜りまくっていたのもあり中盤から最終日前日までずっと2ロム1桁にはいて最終日は1ロム特攻しました。このシーズンは初めて最終日に瞬間1位になってめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。ただ次の日学校が朝早かったので20時半くらいにデータベースで1位になったのを確認して撤退しました。結果は最終11位と1桁には一歩及ばなかったですが初の10位台と自己最高順位を更新できて嬉しかったです。

 

 

・S34(全解禁ルール) 最終2010-36位

このシーズンの最初方は前期の結果に満足していたのとルールに文句を言っている人が多くてあまり真剣にやるつもりがありませんでしたがポケモンはルール関係なく楽しいということに気づいて結局ランクマやってました。選出択が多い環境と言われてたのでプレイングで捲りやすく、対応力が高いサイクル構築を使うことにしました。サイクル構築で1番強そうなホウオウナットをひたすら序盤から練習してて最終日に瞬間1位になるくらい練度は高くなっていました。0時に1位になったあと翌日に学校があるので5時まで寝て5時から家を出る7時前まで潜ってましたが初戦にザシアンがじゃれつくを外して負けてから勝ちと負けを繰り返して気づいたらタイムリミットになってました。時間があまりなかったのはありますが、単純に構築に欠陥もあって最終36位で終わりました。シーズンが終わった直後は落ち込んでましたが今思えば妥当な順位だったなとは思います。

 

 

・S35 最終2050-7位/最終1977-47位

このシーズンもホウオウナットを試していましたが本当にメタが酷くて「勝ち試合も負け試合も相手にこの技あったらor無かったら負けてるor勝ってる」って一生言ってました。そんなモチベが停滞していたときにポケリーグでくろこさんが僕の前期の構築を使っていたのを見てめちゃくちゃモチベが上がり最終シーズンというのもあってS35は最終1桁を本気で目指し始めました。

ホウオウはめちゃくちゃ強くて使いたかったのですがホウオウナットは使いたくなかったので他の相方を探していたところトリトドンと目が会いそこからひたすらホウオウトドンを練習して構築を改良したり練度を高めることで自信をつけていきました。最終日は1ロム2桁中盤、もう1ロム100位前半くらいのスタートでしたが、時間に余裕があったのもあり24時くらいまで仮眠を取っててそのあと潜り始めました。自信があったのもあり順調にレートが上がっていき4時には2ロム2000まで上げていました。5時くらいからメインロムで2000から潜り始めましたが203xくらいまで行くも下振れが酷かったのもあって30位くらいまで溶けたのでこのロムを捨てて7時から1ロム特攻することを決意しました。もう1ロムの方は順調にレートが上がり8時時点で7位、推定レート2040くらいありました。このときは1桁どころかワンチャン1位いけるんじゃないかと思っていて7位から潜ったら16位くらいのくろこさんに当たってこれ勝ったらマジで1位目指せるぞーって言ってたら6分くらいで即行で負けて萎えて結局目標が最終1桁に戻りました笑

そのあと15分くらいで2連勝して3位になり、シーズン終了まで40分近くありましたがその後潜らず結局最終更新5位で保存することにしました。今になるとまだ最終1位狙えたのになーって思ったりしますがそれで潜って負けて1桁落としたら一生後悔することになるので多分間違った選択をしてないと思います。シーズンが終了して結果が発表されるまでのドキドキと結果が発表されたときの「No.7!」という文字を見たときの嬉しさが一生忘れられません。勝ち負けに関わらずポケモンは楽しいゲームですがやっぱり自分が1番勝てたシーズンというのもありS35が自分の中での最高のシーズンになりました。

 

 

 

 

 

○最後に

こんなに長くて読みづらい文章を最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。自分という人間について少しでも興味を持ってくださった方がいらっしゃれば嬉しいです。構築記事も上げてるのでよかったら見ていただけると嬉しいです。9世代は勿論買うつもりなので8世代以上に結果を出せるよう全力を尽くしていきたいと思います。繰り返しになりますがここまでの閲覧ありがとうございました。そして8世代、ありがとう。