【S35 最終7位】受け攻めザシホウオウトドンサイクル

使用TN:PSI  Magnet, りょん

成績:最高最終2050-7位 最高203x最終1977-47位

 

90勝35敗 勝率72%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①構築経緯

S34と同様「ホウオウ+ナットレイを試していたがメタが酷くどこまで技のケアをするかなど立ち回りが窮屈になりがちで使いづらさを感じた。そこでこの軸を崩さずに勝てる並びがないかと考えていたところ「ホウオウ+トリトドン」が共に相性補完が優れておりホウオウナットと同様サイクルを回すことができるほか、トリトドンが現環境にとても刺さっていると感じた(後に説明)ためトリトドンをホウオウの相方にすることに決めた。

サイクル構築は相手のザシアンやイベルタルが重くなりがちなことからトリトドンの欠伸と合わせて全抜きも狙える最速剣舞ザシアンを採用し、「ザシアン+ホウオウ+トリトドン」を構築の軸とした。

ゼクロムグラードン、ザシアンに強く全抜きエースになれたり特性威嚇によるサイクルサポートが優秀な珠ランドロスを採用。

これら4体だと黒馬バドレックスやマーシャドーが重かったり、ルギアやラッキーなど搦手に弱いことやランドロスグラードンを一任させたくないことからこれらを同時に解決できるBSゴツメイベルタルを採用(後に説明)。

最後に環境に一定数いたルギアラッキーやホウオウナットなどの受け寄りの構築に対して強く出れたりトリトドンと合わせることで最強になる眼鏡カイオーガを採用して構築が完成した。

 

 

 

②個体紹介

 

ザシアン@朽ちた剣
特性:不撓の剣
性格:陽気
実数値:195(220)-191(4)-139(28)-x-136(4)-220(252+)
<調整>
S-最速
HB-A特化ザシアンの巨獣斬+電光石火を234/256(≒91.4%)で耐え
技構成:巨獣斬 じゃれつく 身代わり 剣の舞
 

構築の軸でありこのルールの最強ポケモン

ミラーに勝つために最速にしたが最終日は最速が少なかったのか分からないが全て同速に勝ってくれた神。技構成は巨獣斬と剣の舞は確定。有象無象への打点となるじゃれつくとトリトドンのあくびと相性が良かったりダイマ択の先延ばしができ、高い素早さとの相性の良い身代わりを採用した。

選出率1位

 

 

 

 

 

ホウオウ@厚底ブーツ
特性:再生力
性格:慎重
実数値:213(252)-150-141(244)-x-191(0+)-112(12)
<調整>
S-+2で最速黒バド抜き
HB-A特化ザシアンのワイルドボルトを確定耐え
A特化イベルタルの珠ダイアークを最高乱数切り耐え
HD-臆病黒バドのダイホロウ(140)を2耐え
詳細→https://t.co/PR3Q3YWITJ
技構成:聖なる炎 ブレイブバード 吹き飛ばし 自己再生
 

最強ポケモンその2。

前期使用した構築のホウオウの性格は腕白だったが今回は慎重にすることで黒バドや特殊イベルタルに対しての安定感が非常に高くなった。技構成は「聖なる炎+ブレイブバード+自己再生」は確定とし、最後は身代わりと悩んだが選出範囲をより広げられる吹き飛ばしを選択した。

禁伝幻ルールまで使ったことがなく嫌いなポケモンだったがS34から仲間になってくれた最高のポケモン

選出率3位

 

 

 

 

 

トリトドン@食べ残し
特性:よびみず
性格:穏やか
実数値:218(252)-x-110(172)-112-124(84+)-44
<調整>
HB-A特化ザシアンのじゃれつくを確定耐え
ザシアンをコピーしたメタモンの巨獣斬を残飯込み確定2耐え
HD-C特化カイオーガのダイアイス(140)を93.4%で2耐え
S-トリル下で白バドに先制であくびを打ちたいためS0
技構成:大地の力 冷凍ビーム あくび 自己再生

 

最強ポケモンその3。

この環境でのトリトドンはザシオーガ、ディアルガネクロズマランドロス、ジガルデに対して有利を取れるという破格の性能を持っている。他にもこの環境に非常に多かった身代わりを抜いた氷技持ちゴツメルギアに対しても電磁波をカットしながらあくびでテンポを取ることができるのがめちゃくちゃ強い。ナットレイとの相違点はあくびや再生技が使えるなど色々あるとは思うが個人的にはザシアンに対して行動保証があるというのが非常に偉い。またカイオーガに対しては禁伝2体環境では絶対零度を採用した個体やHB残飯瞑想の個体が一定数いたがこの環境ではほとんど見なくなったため受け出しが非常に安定する。

技構成は「あくび+自己再生」は確定として、よびみずによるC上昇と相性の良い大地の力とジガルデやランドロス、飛行タイプに打てる冷凍ビームで完結。

剣盾史上最もインフレした環境であっても貧弱な数値を優秀なタイプ、特性、技でカバーできる最高のポケモン

選出率2位

 

 

 

 

 

ランドロス@命の珠
特性:威嚇
性格:陽気
実数値: 165(4)-197(252)-110-x-100-157(252+)
技構成:地震 空を飛ぶ ストーンエッジ 剣の舞

 

どんな環境になってもずっといるエグいポケモン

優秀なタイプと特性で珠アタッカーなのにサイクル加入できるのが凄い。ただ他のポケモンが強すぎて最終日の選出率は低いが出した試合は全て勝っていた気がするので多分このポケモンも普通に強い。

選出率6位

 

 

 

 

 

イベルタル@ゴツゴツメット
特性:ダークオーラ
性格:臆病
実数値:210(60)-135-147(252)-151-118-157(188+)
<調整>
HB-A特化マーシャドーの岩石封じを93.8%で2耐え
陽気珠ランドロスのダイロックを砂ダメ込み13/16耐え
A特化ザシアンのワイルドボルトを確定耐え
S-最速90族抜き
その他-H振りザシアンをダイジェット+ダイアーク+ゴツメダメ+イカサマで確定
技構成:イカサマ デスウイング 挑発 羽休め

めっちゃ硬いイベルタル

この環境に存在するザシアン、ゼクロム以外の物理アタッカー全てに対して有利をとることができながら黒バド、ルギアに対しても強いという唯一無二の性能を持っている。相手視点全く想定できないゴツメの削りが強力でマーシャドーの襷を潰せたり、こちらの火力のないザシアンのサポートができるのも強い。他にもグラードンに対して耐久に厚く振っているため合法的に挑発から入れるのが偉い。

技構成は役割対象の物理ポケモン(主にグラードン)や黒バドへの打点となるイカサマと技として強力なデスウイング、ルギアやラッキーなどの搦手に強くなる挑発と体力管理ができる羽休めを採用した。

イベルタルは珠と合わせた火力がヤバすぎてアタッカーとして採用されたり黒バド専用受けとして採用されがちだが、物理アタッカーに対しての高耐久+タイプ一致ダークオーライカサマが相手の積み技に対してもケアができてめちゃくちゃ強く物理受けとしてのイベルタルも普通にアリだと思った。

選出率4位

 

 

 

 

 

カイオーガ@こだわり眼鏡
特性:あめふらし
性格:臆病
実数値:175-x-111(4)-202(252)-160-156(252+)
<調整>
S-同速意識で最速
技構成:潮吹き 冷凍ビーム かみなり 波乗り

超絶破壊ポケモン

眼鏡オーガ単体の性能自体は全く評価してなかったがトリトドンのあくびと合わせることで確実に有利対面を作ることができ超火力眼鏡潮吹きで受け寄りのサイクルを簡単に破壊できる。またルギアに対しても潮吹き2発で対面勝てるのも強い。

技構成は「潮吹き+冷凍ビーム+かみなり」は確定として黒バドを一撃で倒せる波乗りを採用した。

自分以外にトリトドンを使ってる人がいないというのもありマジで誰もこのポケモン受からなくてヤバかった。

選出率5位

 

 

 

③構築の要点

受け攻めスイッチ

「ホウオウ+トリトドン+イベルタル」での受けサイクルと最速剣舞ザシアン、珠ランドロスでの切り返し

 

トリトドンのあくびによるゲーム展開

あくびに対して無理矢理寝かしてきた相手に対してザシアンの剣の舞や身代わり、ランドロスの剣の舞やダイジェットで確実に起点にすることによる試合の制圧 

あくびによる対面操作から眼鏡カイオーガでの超火力潮吹きによる確実な崩し

 

 

 

 

④感想

自身初の最終1桁を剣盾最後ランクマッチという舞台で取ることができてとても嬉しいです。最終日は2ロムやっていて両方とも2桁から1回も落ちないくらい安定していて、満足いくような構築作りと練度、最終日のプレイングができて本当に良かったです。初めて最終2桁順位を獲得してから最終1桁を取るのに1年近くかかり、こんなにも大変なものだと思っていませんでした。8世代はS24の竜王戦ルールから本格的に始めたので冠ルールなどの伝説がいない環境をまだやったことがないので9世代になったら初めからいろんな環境を楽しんでいきたいです。ここまでの閲覧ありがとうございました。8世代本当にありがとう!最高のゲームだった!

 

 

Twitter→@ryon_poke